プロフィール
沖縄県大宜味村で陶芸工房を営んでいます。↓蛍窯HPもご覧ください!
ウェブサイトURL:http://www.yamagami-manabu.com/
(移転・リニューアルしました)

2007年09月21日

新築祝い

沖縄の田舎では、節目節目に大きなお祝いをする習慣が残っています。
たとえば子供に関していえば、生まれたとき、その子が1歳になったとき、小学生に上がるとき、高校に合格したとき、成人式。年取ってからは長生きのお祝いもいくつかあります。こういうときは、大勢いる親戚や、隣人・知人が集まって大騒ぎするのがならわしのようです。
なかでも「新築祝い」というのは一番大きいお祝いの部類に入るとのこと。
でも移住民のわれわれはやらなくても・・・なんて思っていたら、家がまだ工事中のころから、いつもお世話になっている地域の方が、新築祝いはいのしし汁を炊くし刺身も用意してやるからいつやるか、と話を持ちかけて下さいました。(もちろんいのししも魚も自ら捕ったものです。)そのほかにもいろいろな人が、新築祝い呼んでね〜と声かけしてくれます。なるほどこういうものなのかとお祝いしたい気持ちが大きい(&パーティ好きな)人たちが多いことに感心です。
ということで、先日行いました。

当日は朝からいのしし汁と刺身の仕込みにきてくれ、会場のセッティングなども進んでやってくれました。前日は午前3時まで魚釣りをねばってくれたそうです!!奥さんたちや友達も手伝いに来てくれ、感謝です。
夕方からは地域の人、学校関係、遊び仲間などが続々と来てくれました。なかには遠くから駆けつけてくださった方も数名いましたし、山上の兄&その息子くんも、親族代表としてやってきてくれ、沖縄の方式に少しだけでも倣うことができました。
お客様にはまず、出来立ての家の中を見てもらってから、庭に設置してある宴会場でご馳走を食べてもらう、という流れだということが、やりながらなんとなくわかってきました。
宴会では地元の人たちがこちらの知人にも話しかけてくれたりして、楽しい会になったようでした。
宴の最中は友人たちが進んで接待や皿洗いなどを引き受けてくれ、大助かりです。おかげで、片付けも思ったよりスムーズに運び、翌日の疲れも思ったほどではありませんでした。

こうしたお祝い事を無事終えると、家が建ったという感慨もひとしおです。
会に駆けつけてお祝いを持ってきてくださったみなさんはもちろん、土地の斡旋その他に奔走してくれた地元の方たち、金銭面で援助をしてくれた両親や親戚、一生懸命工事をしてくれた業者の方たち・・・家作りに当たって本当にたくさんの人たちにお世話になりました。

沖縄に来て3年が過ぎましたが、人々の善意のおかげで生活できていることを肝に銘じて、浮かれず堅実に気を引き締めて行きたいと思います。

ちなみに、2005年2月には仕事場完成のお披露目会をやってやはり地域の方や友人に大勢集まってもらったのですが、終わってほっと一息ついたのもつかの間、その翌日に大事件が起きたのでした。もう忘れかけていたけど、あの時は本当に大変だった・・・。

今回も何かあるだろうな、と覚悟していたら、当日夜、次男がインフルエンザを発症。その余波は今も続いています。
大きな出来事があったあとは仕方ないと今回は腹をくくっています。
posted by じんじん at 12:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 沖縄って・・・! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

新居について

子供は二人ですが、われわれの住む地域では高校から家を出て寮生活をする子も多いということもあり、コスト面も考慮し、一人一部屋ということは考えず、子供部屋一間、大人部屋一間、それにダイニング&リビングというごくこじんまりとした家を建てました。

沖縄では圧倒的にコンクリートの家が多いのですが、どうしても木の家にしたい、ということで、本当なら地元の業者さんに頼みたかったのですが、遠い那覇の業者さんに依頼しました。意外なことに、このあたりで建つ家はほとんどがコンクリートなので、ノウハウがないそうなのです。この那覇の建築やさんは母体が材木やさんで、国産材を推奨している点など私たちの好みにぴったり。そして、現場担当の男の子が若いのに志もしっかりしていてとても機転が利いたおかげで、あらゆるものごとがひじょうにしっくり行きました。

ものつくり仲間には自分で家を作ってしまう器用な人がたくさんいるので、やってみたいな〜という思いはありました。あるいはハーフビルドといって、基礎部分は建築業者にお願いして、あとの請負、つまり各業者さんに指示を出す部分は自分でやってコストを抑えるというスタイルも考えました。が、根性もなく、ごく一部自分たちで請負という形にしてもらって、ほぼ全面的に注文住宅となりました。建築やさんは非常に良心的に取り組んでくださったと思っています。

今まで借りてすんでいたところは、昔ながらの木の沖縄の家で、屋根が低くてひさしが長いので強い日光や雨が家に入るのを防ぐなど合理的な面もあったしやはり雰囲気がいかにも沖縄らしく、気に入ってはいました。しかし、何せ古い。古いということは、あちこちガタが来ているということでもあり、現代人の生活に合わない(天井が低い、キッチンの使い勝手が悪いなど)ということでもあります。そして、奥の部屋は床がべこべこで使えなかったので、とても狭かった。いつかは自分の家を、という気持ちがあって修理は必要最低限にした結果、2年以上も不便な思いをすることになってしまいました。

ところがこの家に住んだおかげで、空気が通る木造のよさを確信しましたし、今の家に移って、トイレが水洗になってしかも家の中にあるとか、天井が高いとか、広いとか、床が固いとか、キッチンが使いやすいとか、ささやかな設備にもかかわらずいちいち感動できています。引っ越す直前は、早く移りたいはやる気持ちがあって「こんな家」なんて思ってしまう瞬間も多かったのですが、こういうところに住まわせてもらったことに対し感謝の気持ちを忘れずにいないよう気をつけたいです。


前の家では、あちこちで補修に使われていたコンパネやベニヤが年数が経ってぼろぼろになっていて、天井から猫やごみは落ちたりして耐久性のなさを目の当たりにしたので、今度の家では合板の類を極力使わないことにこだわりました。建築やさんは、今の合板は質がいいから長持ちする、というのですが、20年先のことはわかりません。前の家でも木で作ったところはしっかりしていましたから、木に固執しました。なので、内壁外壁床はもちろん、ベニヤやコンパネを使うことが多い押入れ内部や野地板(屋根材の下地)にも杉板を使いました。面が広い合板に比べ、板は細いので大工さんの手間が大変でしたが、押入れなどはわざわざ杉や桐の収納ボックスを買って湿気に対応していたくらいなので、カビや湿気対策にはずいぶん有効なのではないかと思っていて、とても気に入っています。野地板には厚さ3センチの足場板を使い、断熱効果も考慮されています。(ちなみに屋根材は一番安いコロニアルという材質です。断熱性にも優れる憧れの赤瓦はやっぱり高かった)

window.jpg

上のほうで気持ちよさそうに泳いでいるのは、チューマさん作のウミカメの時計。前の家からわれわれの時を刻んでくれています。

建具も、サッシは浴室だけで、あとはすべて木製にしました。栃木で木製建具にした友人はとても高かったと言っていたので無理かなと思ったのですが、なぜかこちらではサッシとさほど変わらない値段でした。雨戸はルーバータイプを提案してくれました。ルーバーは雨を防ぐ点では普通の雨戸に劣りますが、雨や日光を遮りながら通気性も得られるので、これはナイスアイデアでした。
木製建具を使うところは今はめったにないそうで、大工さんたちも取り付けに苦労しているようでした。

shickui.jpg

壁は前にも言いましたが自分たちで漆喰を塗りました。私も塗りましたが、7月の一番暑いときで、漆喰は重くて私にはかなり重労働でした。二人でまるまる2週間くらいかかってしまいましたから、家を全部自分で作る人って本当にすごいです。また大工さんたちも、毎日どんな気候でも重労働をこなしているのだから、頭が下がります。(しんどそうな顔をして漆喰を塗っていたら、逆に飲み物やアイスを差し入れてくれる、やさしい大工さんたちでした。)
仕上がりは素人なのでそれなりですが、一部でも自分たちで手を入れたと実感できるので満足です。

床と柱には蜜蝋ワックスを塗りました。着色もしていないので、ウレタン塗装などと比べると格段に汚れがつきやすく、床はすでに新築とは思えないような状態ですが、年を経れば味が出てくる・・・はず。これも自分たちで塗りました。こちらは意外と簡単です。


tatami.jpg

畳は、山上のたっての願いで縁なしのものにしました。い草は「琉球ビーグ」と呼ばれる沖縄産のもので、普通のい草より太くて丈夫だとか。縁なしの畳を「琉球畳」というのだと栃木にいたころから聞いていたのですが、それは内地での言い方なのか、こちらでは地元の人は縁なしの畳を「見たことがない」というし、謎です。でもとにかく、新品の畳は私にとっては覚えている限りはじめての経験なので、匂いをかぐたびに幸せがこみ上げてきます。

木に囲まれているからか、天井が高いからか、冷房なしでもとても涼しいことには驚きます。ただし場所柄湿気はすごいです。

atlier.jpg

今度の場所からは仕事場が見えます。下には小さな川が流れています。

view.jpg

庭からの景色。環境的には栃木のときと似通っているから不思議です。


皆様のお越しをお待ちしていま〜す!
posted by じんじん at 15:11| Comment(7) | TrackBack(0) | 家族・日常ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

やっと電話&ネットが

新しい家に電話をつけるのに、NTTに3週間待たされました。
もともと電話が来ていないところなので電柱を立てる必要があるのですが、
これがくるのに20日近くもかかることは通常ないらしく
電話の担当の女性も恐縮していましたが、
それにしてもNTTって料金を滞納したらいの一番に電話を切るくせに
こういうときは横柄で、役所っぽくて。
前々からNTTになるべくお世話になりたくないと基本料金以外は他社の電話をせっせと使っていたのに、
悲しいかなここは光環境にないためISDNを使わざるを得なくなってしまい、毎月5000円くらいは落としてしまっています。悔しい!

テレビも新聞もなかったので(新聞は来月から取ることに)、今までネットに頼っていた私の唯一の世間の関心ごとである阪神タイガースの快進撃情報は、夜になると入りが悪くなるラジオ放送に頼らざるを得ず、ネットの禁断症状を起こしていました。恐ろしい〜。
仕事もたまっています。

と、どうでもいい話はこれくらいにして、無事引越しを済ませてから3週間がたちました。
先週末には地域の方々の協力による落成式(新築祝い)も終了し、ようやくほっとしているところです。
新居自慢と新築祝いの話をしたいのですが、それはまた次回に。
posted by じんじん at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族・日常ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。