プロフィール
沖縄県大宜味村で陶芸工房を営んでいます。↓蛍窯HPもご覧ください!
ウェブサイトURL:http://www.yamagami-manabu.com/
(移転・リニューアルしました)

2007年11月03日

高江でUAチャリティーライブ

ヘリパッド問題に揺れる高江のカフェ「やまがめ」でUAのライブがありました。チケットの売り上げはヘリパッド建設反対運動の活動資金となる、チャリティーコンサートです。
世情に疎い私ですが、あの独特の雰囲気とすごい声が素敵だなと思っていて、最近ではピープルツリーのカタログで記事を読んだり、教育テレビの子供番組に出ているのを見かけたりしていたので、来ると聞いてちょっと興奮しました。
彼女自身は深い心の闇を経験し、それを乗り越えた今は自然の中での生活を重視しているらしく、高江に住むオーガニックライフの有名人、森岡尚子さんに会うために夏にこの地を訪れたときにヘリパッドの現状を知りショックを受け、ライブをしてくれることになったとのこと。
約300名が集まった山奥の決して広くはないスペースに設置された小さなステージ上では、彼女の一連の持ち歌や、最近研究しているという奄美の島歌、どんとのカバーなど、多彩なレパートリーが披露され、森に美しく響く、また森によく似合う歌声に酔いしれました。合間には高江の現状についてのディスカッションなどもUAをまじえてカジュアルに行われたり、一般客や地元ミュージシャンとのセッションもあり、距離感が近い素敵なイベントでした。

高江では7月にヘリパッドの工事着工が決定されてからずっと過酷な座り込みが続いています。島の反対側の出来事ですぐ近くだし、現に我が家の上空には「オスプレイ」がしょっちゅう飛行しているという状況にもかかわらず、私はといえば忙しい、体調が悪いなどいろいろ言い訳をみつけてはまだ2〜3回しか足を運べていない、それでいてUAが来ると聞いた途端に腰が軽くなったりして恥ずかしい限りなのですが、高江には行くたびに逆にパワーをもらってます。
国やアメリカという絶対的権力を目の前にして、「いらないものはいらない」と断固拒否し続けるカフェやまがめのオーナーをはじめとする反対運動のメンバー。現実には140人の集落のなかで反対運動に参加しているのは4〜5世帯しかいず、ほとんどが県内外からの移住者。地元の人からの冷たい視線にさらされるなどつらい思いもしているそうですが、地元には地元の事情があるのであって・・・。それでも、他人事ではないと感じる人が全県、全国、世界各地から集まって、平和を語り合う場になっています。絶望的な状況をプラスに変えてみせてくれている彼らに、今回もたくさんの元気をもらってきました。

高江のことは、ブログ「やんばる東村 高江の現状 http://takae.ti-da.net/」に詳しく載っているので、遠くて情報がないという方、気になるけどどう行動に移してよいかわからないというい方、ぜひ定期的にチェックしてみてください。
posted by じんじん at 06:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 沖縄って・・・! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。