プロフィール
沖縄県大宜味村で陶芸工房を営んでいます。↓蛍窯HPもご覧ください!
ウェブサイトURL:http://www.yamagami-manabu.com/
(移転・リニューアルしました)

2008年03月30日

長女誕生から一ヶ月

母子ともに順調に産後を過ごしています。
とはいえ、私の目はまだかなり疲れやすいので、ブログもゆっくり更新・・・。

長女は、壊れそうなはかない存在だったのが、肉付きがよくなってきて、だいぶ安心感が出てきました。

今回の出産で忘れられないことのひとつ。
助産院や自宅での出産では、へその緒を切ったり産湯に入れるといったことは誕生直後にはせず、ゆっくり行います。赤ちゃんの次に出てくる胎盤も、自然に出てくるのを待つのですが、今回はこれに時間がかかり、すごく痛かった・・・。この間、赤ちゃんが冷えるのを防ぐため(スキンシップの面もあるそうですが)に、私の胸の上にうつぶせに置いておいたところ、はふはふもぞもぞと顔と体を動かして、自分で乳首を探し当てて上手に吸い付いたのです。赤ん坊は動物で、本能を持って産まれてくるのですねーー。


次男は赤ちゃん大好きで、朝はいつも新生児が寝ている布団にもぐりこんで、顔を自分のほうに向けてうっとり観察。ただ、ちょっかいも多く、先日などは、「おかあさーん、見てー」というので振り向くと、愛娘の目と眉毛にガムテープが貼られていました・・・。今度一年生です、いちおう。

長男は、冷めているのか照れ症なのか、ストレートな愛情表現は次男より少ないのですが、抱っこはなかなか上手で、私の電話やシャワーのときなどに「抱っこしてようか?」などと気を利かせてくれることがあり、そのたびに嬉しくなってしまうママ。ま、気が向いたときだけなんですけど・・・。

この、兄弟のかかわりがとても新鮮で、この春休み、いつになく楽しく感じられています。
posted by じんじん at 11:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 家族・日常ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

米作り

出産の介助をしてくださった助産婦さんの手厚いケアのおかげで
産後の体調はすこぶる良好です。
助産婦さんは産後5日ほど通いで来てくださいました。
一対一の独占状態でいろいろ世話を焼いていただいたりゆっくりお話もしたりと
とても贅沢な産後の日々を送ることが出来ました。
赤ちゃんもたくさん乳を飲み、順調に成長しているようです。
山上は毎日娘を抱きながら「べっぴんさんやな〜」とひとりごちています。

ところで今年は念願の米作りに挑戦しています。
写真ではあまり良くわかりませんが・・・。
田んぼが空いているという話が来たので、何人か仲間を募ってやってみています。
先週末田植えをしたのですが、初めてということもあり色々難しいようです。
作業に当たっている山上は、時間もとられて大変なので、
買ったほうが安いと稲作をやめてしまう人の気持ちがよくわかると言います。
本当に収穫までこぎつけられるのか、どうなることかわかりませんが、
主食を自ら作るということを以前からやってみたかったので
結果はどうあれやってみることに意味があるのかな、と話しています。

posted by じんじん at 10:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎で考えてみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。