プロフィール
沖縄県大宜味村で陶芸工房を営んでいます。↓蛍窯HPもご覧ください!
ウェブサイトURL:http://www.yamagami-manabu.com/
(移転・リニューアルしました)

2009年11月11日

NAKATA氏、あらわる

そして長男は彼とともにサッカーを楽しみました。
サッカーが上手だと特別に召集されて・・・
というわけではぜーんぜんありません。

大宜味村の新しいダム、「大保ダム」の「植樹祭」というイベントがあり、
人が集まるのでパンを売らないかと声がかかったので家族で行って来ました。
主催は、沖縄コカ・コーラボトリング(株)とあります。
「森に学ぼう」森と水の大切さをみんなにつたえたい、とあります。
アンチ・ジャンク&大量生産なわたくしが斜に構えるのに充分。
でも「誰もが知っている極秘情報」として、当日中田ヒデが来る、と聞き、
やじうまでもあるわたくしは、がぜん行く気がわいたのでした。

行ってみると、ヒデくんはコカ・コーラのイメージ・キャラクターだったことが判明。(常識?)
そして、ほかにも5人くらい元サッカー選手が来ていて、
いっしょに植樹したあとは、子供たちとサッカーをしてくれる、といいます。
何しに来るのかと思ったら、サッカーしに来てくれたんだ。(考えてみればあたりまえか。)

ところで、イベントの始めに、サッカー以外の場面で写真撮影をしないでくれ、と注意がありました。
ヒデのブログを見ると、今日本のよさを再認識中で各地を旅しているけれど、
嫌なことは、断りもなく写真を撮る人があとを絶たないこと、とありました。
今はケータイで簡単に写真を撮れちゃうから、ついつい撮っちゃうのだろうけど、
考えてみればそういう行為って失礼ですね。
勝手に撮られたら、わたしでも(仮にそんなことがあったとしたらだけど、)嫌です。
それでもサッカーの場面はいっぱい撮っちゃった。

子供たちを年齢別に分けて10チームぐらいつくり、それぞれと5分ずつプレーしてくれました。
サッカー少年もいれば、長男のように学校の休み時間にする程度の子もいましたが、
その子たちのレベルに合わせて、楽しく遊んでくれました。


参加者はみな、爽やかなイメージのコカ・コーラのロゴ入りTシャツがもらえるのです。
ちっちゃな子までしっかり宣伝に貢献しています。

サッカーにあまり興味のないわたしでさえ、サッカーっていいじゃん!と思ったくらいなので、
子供たちにも響いただろうな〜と思います。
ただ、うちの子たちは、サッカーのことをほとんどまるで知らないので、
中田がどれだけすごい選手かを説明する必要がありました。
交流のあと、長男はすごいプレーヤーとサッカーできたとなんとなく感慨深げでしたが、
小2の次男は、○○にいにい(小学校で一番運動神経のいい子)とどっちが上手か、なんて聞いていました。

コカ・コーラ主催のイベントについて若干言い足りないことがあるのですが、それはまた後日に。
posted by じんじん at 09:32| Comment(0) | 家族・日常ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

ひだまりブログ

無謀にも、ブログをもうひとつ始めてしまいました。


「おひさまスタイル」というウェブサイトがあります。
「大量消費ではない豊かな社会、地域が自立した個性ある暮らし、環境に負荷の少ないライフスタイルの提案」を、
「何かに『反対!』というのではなくて、『こっちのほうが楽しいよね!』」というアプローチで、
さまざまな角度から楽しく発信しているサイトで、
この運営をしているとっても素敵な女性に声をかけていただき、
サイト中のブログ集、「ひだまりブログ」で書き始めました。
ほかのブロガーの皆さん、とても面白そうな方々で、わくわくしながらも少々緊張しています。
こちらでは、WWOOFとの日々についてつづっていく予定です。


10月下旬よりブロガーズ特集として「秋の読書特集 わたしの好きな本」がアップされています。
価値観が近い人たちが好む本だからでしょうか、この特集、とても読み応えがあり、読みたい本のリストがさらに長くなってしまいました。
わたしも3冊推薦しています。(書評って思ったより難しいことを痛感。皆さん上手で感心してしまいます)
ぜひ見てみて下さいね!

posted by じんじん at 14:59| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

いしいしんじ氏、あらわる

読みかけの本があるって楽しい。
たとえ、朝のトイレタイムや昼寝前のひと時、夜寝る前のひと時ぐらいしか普段は読まないにしても。
ないと、トイレに入るのも手持ち無沙汰(!?)、夢中になった本を読み終えたらしんみりしてしまいます。

前述のごとく読む時間はわずかなのでごくゆっくりペースですが、ここのところ、ものがたりを切らさず読んでいます。
藤沢周平の『蝉しぐれ』、中上健次の『野生の火炎樹』、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの『ハウルの動く城』(宮崎アニメ『ハウル〜』の原作)、村上春樹の『羊をめぐる冒険』など。乱読のきらいもありますが、どれも最高のものがたりで、大満足。
多少リアルから逸脱した設定からリアリティを読み取れるおはなしが好きです。
書くのがちょっと恥ずかしいのですが・・・なかでもそのキャラの魅力にぐわーんとりつかれてしまったのが、ハウル。ナルシストでおちゃめなこの人物像、誰かに似てる・・・と考えて、新庄(元プロ野球の)だっ!!と思い当たったときは嬉しくなってしまいました。どうやら私、こういう系統に弱いらしいです。

日常に退屈しているからというわけではないのです。むしろ日常は日に日に退屈でなくなっています。先日は次男が最近落ち着きがないことについて話がしたいと担任から学校へ来るように言われ(呼び出しだよ!)、話を終えたその足で今度は長男の担任から呼び止められ、長男の近々の素行について耳をふさぎたくなるほどあれこれ報告され、保育所では長女と同い年ぐらいの子から「Sちゃん(長女の名前)のおばあちゃん?」と声を掛けられ・・・もう現実逃避するしか・・・いや、じゃなくて、いちおう後日、2人同日に苦言を呈されたことで冷静さを失ってしまったと認めざるを得ない私の激昂ぶりをどう受け止めたのか、次男は無事落ち着きを取り戻し(先生ったら大袈裟なんだからぁ〜)、長男は、私がのちにクールダウンしてからやっとほっとしたのか、素行のあれこれの原因をぽろっともらし、そのとたん、鼻歌まじりのハイテンション・パーティタイム♪が始まり、翌朝は5:30に起床し朝食の準備、セッティングまでぜ〜んぶやってくれ(ハイテンション・パーティタイムはこれにて終了)、長女の同級生は、次に会ったときに「だ〜れ?」とにこやかに問うと、「・・・ママ。」としっかり答えてくれました(問いかけた私の目は笑ってなかったかも)。天然酵母パン焼きは、相変わらず売れ残ることもあって一喜一憂だけど、徐々に手ごたえを感じてきており、ダーリンは、11月後半のナゴヤドームやきものワールドにむけて、仕事のピッチを上げていて、少し前には、しじゅう面白いことを言って笑わせてくれるとびっきり楽しいウーファーが来てくれて、帰ってしまったあとはやっぱりしんみりしてしまったのでした。
そんななか、ある日、村役場の人に連れられて、白いTシャツにバンダナ、赤いジャージにゴールドのスニーカーをはいたにいにいが、ぶながや(大宜味村以外の沖縄では「きじむなー」と呼ばれる、妖精と河童の間ぐらいの存在)のことをJALの機内誌で書くにあたってうちのあたりを見学したいとやってきました。近くにある拝所のエピソードを紹介、興味を持ったようでプロっぽくメモに書きとめます。私のあやふやな記憶を夫に確認するもまるで違う箇所もあったりして、というのは要するにその話を私たちにしてくれた地元の人々がそれぞれ違うストーリーをもっているからで、ふだんは小説を書いているというこのにいにいいわく、その人が語る物語がそれぞれ本当の物語なのだ、とのこと。うーん、これまた一晩借りたら面白そうな人だな、と思って名前を問うと、「いしいしんじ」さん。世事にうとい私は初めて聞く名前でしたが、さっそくネットで見ると、「すごい物語作家」とかなんとか。あの憧れの町田康氏との対談なんかもしている、売れっ子作家さんのようです。興奮してさっそく本屋さんに行くと、ふつうに文庫本が売られていたので即「ぶらんこ乗り」を購入、読んでみました。かなりいいですよ。かなり。
これからますますものがたりにはまりそうな予感です。
posted by じんじん at 06:29| Comment(0) | 家族・日常ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。