プロフィール
沖縄県大宜味村で陶芸工房を営んでいます。↓蛍窯HPもご覧ください!
ウェブサイトURL:http://www.yamagami-manabu.com/
(移転・リニューアルしました)

2011年06月09日

ギャラリーあーとらぼにて「山上幸男遺作展」

山上の兄夫婦が経営しているギャラリーあーとらぼ

こちらで、山上の父の遺作展が10日から13日まで開催されます。

「光陽会会員 山上幸男が91歳で没してこの6月で5年になります。生前に「四季楽し 花鳥風月 酒と友」と詠んだ句がありますが、まさに故人の生き方を象徴している一句のように思います。このたびご縁がありまして油彩画と俳句を披露させていただくことになりました。お気に召しました作品があれば、お持ち帰り頂ければ幸いに存じます。なお、お気持ちがあればチャリティとして東日本大震災の義援金(あしなが育英基金)に協力させていただきたいと思っております。どうぞご高覧のほどよろしくお願い申し上げます。」

と、DMに記載されています。

山上も兄も、絵心を受け継いでいます。(私の血筋には無縁の心・・・。)

俳句は、簡潔でわかりやすく、楽しいものが多い。
絵は、やはり楽しく、夢があり、本当に大切なことは何か、を教えてくれて、私も大好きです。

yukio.jpg

yukio2.jpg
posted by じんじん at 17:10| Comment(0) | やきもの・工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

せせらぎのカハビラvol2 開催決定!

昨年2月に螢窯にて開催された、「せせらぎのカハビラ」。
今年も開催することになりました!

日時は6月25日(土)、26日(日)、11:00〜17:00です。
場所は、昨年と同様、大宜味・田嘉里のじんじんよう。
主催は、じんじんようと、大宜味の工芸グループ「てぃーがんまる」です。
「てぃーがんまる」は、大宜味村に工芸を根付かせるために活動するグループです。

そこで、今年は特に、みなさまに工芸やものづくりに親しんでいただけるイベントにしようと、
体験コーナーをたくさん盛り込みました。
ろくろ体験、森の素材を使った紙漉き、子供のための絵手紙教室、山の材料を使った工作など。
手を動かして作る楽しさを味わったり、作り手と交流したり。そして工芸品として完成しているものを販売している現場(ミニ工芸市)もごらんいただけます。

食べ物関係は、竹パン体験や、イスラエル体験として名物料理のピタパンプレート。現在じんじんように滞在中の陶芸家志望のイスラエル人の女の子が作ってくれます。

ただいまチラシを製作中です。もうちょっとでできあがります!

各イベントの詳細は、随時てぃーだブログ「せせらぎのカハビラ」にアップしていきます。
posted by じんじん at 17:22| Comment(0) | やきもの・工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

SELP杜展示会ワークショップ

横浜の授産施設SELP杜にて開催されている陶芸展の会場へいってきました。
ハンディキャップの人々へのワークショップやお母さんたちへのトークなどを通して、なぜ物を作らなければならないのか、なぜ売らなければならないのかという、自分の仕事の原点に立ち返って考えさせられたそうです。

また、「絶対的な差別の解消」を理念に掲げる師理事長の強力なリーダーシップのもと、施設で働く人々の真剣な姿に感銘を受けて帰ってきました。

ワークショップでは、「ロウ抜き」という技術を教えました。撥水剤(ロウ)で素焼きのお皿に絵を描き、その上から釉薬をかけます。
SELP杜の陶芸部では、施設が経営する喫茶や居酒屋で使う器を作っているので、同じものをつくることが要求され、日々の作業はそれを目標行われているようでした。そこで今回は趣向を変えて、家にあるねむの木学園のカレンダーの絵にみられる鮮烈な表現をヒントに、絵を描いてもらって個性を表してみよう、と考えました。

selp1.JPG

selp2.jpg

すると、こんなに活き活きとしたお皿になりました!

selp3.jpg

工芸品というのは、使いやすさだとか、正確な寸法だとかが要求されるわけですが、そこに自己の表現である「個性」、アートの要素が加わることによって、見る人に訴え、作り手を意識させる作品となったようです。そして何よりも、特に好きな子は、楽しそうに描いていたとのこと。

ただ保護を受けるだけでなく、物を作って、売って、働く喜びを得て自立する。言うのは簡単ですが、実際には作ることも売ることも現場の指導者たちにとっては試練の連続だそうです。でもそれがあって初めて、「絶対的な差別の解消」があるのですね。この難しい課題に全身全霊をかけて取り組んでいる師理事長、本当にすごい人です。


そして今、SELPの生産物の数々が届きました!
大きな箱いっぱいの生うどんにパン、納豆、豆腐、こんにゃくまで・・・!
これらの食品は地元の人が施設のことを理解してくれる橋渡しの役割を担っているとのこと。この品揃えの多さ、取り組みの質の高さから、本気さが伝わってきます。すばらしいな〜〜〜〜〜。

今日のおひるはSELPの生うどんをいただきます。
posted by じんじん at 08:11| Comment(0) | やきもの・工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。