プロフィール
沖縄県大宜味村で陶芸工房を営んでいます。↓蛍窯HPもご覧ください!
ウェブサイトURL:http://www.yamagami-manabu.com/
(移転・リニューアルしました)

2011年07月17日

「てぃーがんまる」

先日当螢窯で開催された「せせらぎのカハビラ」。
川が流れる自然の中でゆっくりしていただきたい、
ウーファーがいてくれることを生かして、珍しいインターナショナルなことを共有したい、
なによりも工芸に親しんでいただきたい、
などなど、いろいろな目的を持って企画しました。

中でも大きな目的のひとつは、「未来の工芸家の発掘」。
大宜味村には工芸家が多いのですが、芭蕉布会館以外は皆1人あるいは夫婦でやっていて、
後継者が育っていません。
他の過疎の村と同様、人口の流出と自然減少が起きている大宜味村。仕事がないことが原因のひとつとされています。
でも、工芸を生業にするって手もあるよ、ということを言っていかなきゃいけないよね、
子供たちに教えたいよね、という思いをもった数名の仲間で
「てぃーがんまる」というグループをつくりました。
子供たちに夢をもってほしい、との熱い思いをいだく村出身のYさんを中心に活動していきます。

てぃーがんまるとは、手遊びとか、いじくりまわすなどの意味がある方言だそうです。
いじくりまわして工夫して(てぃーがんまるして)、精度が上がるとてぃぐまー(手が器用)になる、っていうニュアンスみたいです。
主なメンバーはまさに、てぃーがんまるが高じて工芸作家になっちゃった、みたいな人たち。

余談ですが、将来の夢を、「村役場に勤めたい、安定しているから」と答える子がけっこういます。
安定化志向率はかなり高いです。家庭それぞれ色々事情はあるだろうけど、でも、それが夢?本当に安定イコール幸せ?もっと元気だそうよ!といいたい。

だからこそ、子供たちにアプローチすることが大切かなと思います。
そのためには、自分たちが夢を持ってかっこよく生きていなければいけないから、まずそこからやらねば、と襟を正して(襟付きの服なんかめったに着ないけど)います。

まずは、とっつきにくいうえにどうやって生活してるかわからない怪しい人種:工芸家っていうイメージを変えてもらって、楽しく交流!

「カハビラ」には村内の小学生全員に体験無料チケットを配ったところ、たくさんの子供たちが来てくれました。
これを次に、未来に、どうつなげていくか、考えています。
粘り強く、地道に、がんばります。
posted by じんじん at 07:56| Comment(0) | やきもの・工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。