プロフィール
沖縄県大宜味村で陶芸工房を営んでいます。↓蛍窯HPもご覧ください!
ウェブサイトURL:http://www.yamagami-manabu.com/
(移転・リニューアルしました)

2012年09月12日

「月夜の珊瑚」 by 山上學

僕は沖縄に住んでいるとはいえ、ナイトダイブはおろかダイビングもしませんが、月夜に照らされた珊瑚はさぞきれいだろうなと、ダイバーになったつもりで想像して楽しんでいます。

水面に映しだされた月が底に沈んで珊瑚と同化します。
僕の意識は次第に珊瑚になり、海底から月を眺めます。波紋の向こうの月光を鑑賞します。


最近では夏の満月の頃に産卵する珊瑚の幻想的な映像がよく紹介されていますが、珊瑚は分裂による自己増殖のほか、植物が風で種を遠くに飛ばすように卵を波や潮流で遠くへ運び、新たな土地での繁栄を試みます。まるで海の旅人の様です。

珊瑚はさまざまな生き物の住処となっているだけでなく、光合成を行い酸素を発生するため海の熱帯雨林とも言われるそうです。その再生に月の満ち欠けが関係しているということ、月という存在が人間も含む地球の生命の営みに大きく作用するという神秘、エネルギーの美しさを今回の個展のテーマとしました。

月は満ち欠けにより毎月生まれ変わる不死のシンボルとされており、一説には月に一番近い山、富士の名は不死からきているともいわれています。
月面には生命の気配がかけらもなく、それが地球に送り届ける青白い光はどちらかというと冷たく非生命的ですが、そんな月が生命と深く関わっていたり、人を狂わせたり、創作意欲をかき立てたりする逆説的なところが興味が尽きません。そんな事を考えていると、種田山頭火の「月も水底に旅空がある」の句がふっと頭をよぎりました。
posted by じんじん at 10:40| Comment(0) | やきもの・工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。