プロフィール
沖縄県大宜味村で陶芸工房を営んでいます。↓蛍窯HPもご覧ください!
ウェブサイトURL:http://www.yamagami-manabu.com/
(移転・リニューアルしました)

2006年12月12日

教育基本法改正案

我が家にはテレビがありません。新聞も取っていません。
私の母親は、「親として常識がないのはよくないから新聞は取れ」といいますが、本当に知らないと困る情報はこちらからとりに行けばいいし、本当に知りたいことはテレビや新聞の中にもごくわずかしかないのだ、とこじつけ、そのままにしています。

だから、教育基本法改正案が今週にも参院を通過するということはまったく知りませんでした。

知ったきっかけは、改正案に反対のネット署名をしよう、と回ってきたから。どこかで気になっていたけれど、怠慢で取りにいっていなかった情報。あわててどこが問題なのか勉強し、現行の基本法と改正案をよく読んでみました。

・・・

「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」(国民保護法の正式名称)が2年ほど前に成立したのを覚えておいででしょうか。

11月下旬に、「沖縄県国民保護計画」内の避難施設として、われわれの住む部落の公民館が選定されているから使うことに同意してほしい、という通達があったということで、部落の集まりで議題に上りました。
この日配布された資料によると、「国民保護法」のもとに県がつくった計画において、武力攻撃事態が4類型想定されており、その内容は、

着上陸侵攻
ゲリラや特殊部隊による攻撃
弾道ミサイル攻撃
航空攻撃

とあります。

集会には山上が参加し、私は伝え聞いただけですが、普段は穏やかなおじい、おばあたちがいきりたって反対したそうです。戦争経験者の彼らにとり、武力攻撃の事態を想定して生活していかなければならないことは耐え難いことなのです。
この法律は200条以上もあり、全部読むにはハードルが高そうですが、読まなければ。


日本には軍隊を置くべきだ、と主張する知人がいました。この人は、「沖縄の人は、沖縄が日本の犠牲になった犠牲になったって盛んに主張するが、あれは戦時下という異常事態だったのだからある意味仕方がないことだった」と断言しました。
世の中にはいろいろな考えの人がいるのだな、と驚きました。
posted by じんじん at 23:02| Comment(9) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
沖縄の生活は大変かも知れないけど、人間としては自然な生き方かも知れませんね。
私は神奈川県に住んでいますが、最近は町がどんどん変わっていくし、政治やテレビにはウンザリすることばかりですが、めげずに生きています。都会のゴキブリのように、汚い場所でも楽しんで生きることをおぼえました。腹の立つことは、私のブログで吐き出していますので、ときどきはのぞいて見てくださいね。これからも、お邪魔するかも知れませんが、お付き合いください。
Posted by yamasan at 2006年12月12日 23:29
私もほぼかーりーさんといっしょで、新聞テレビ、殆ど見ません。でも、考えてみると今のマスコミ報道は意図的に国民の不安や怒りをあおる記事が多い気がします。その中に埋もれているほんとに大事な情報をこちらがきちんと受け止めないといけないんでしょうね。勉強しなくっちゃ(汗)。
Posted by ちんぬく at 2006年12月13日 06:20
「メッセージ」もらってたのに、まだちゃんと読んでないです、ごめんなさい。
日々の慌しさを理由に、ついつい「知らない」で過ごしてしまう事が多い・・・・・と反省してます。
Posted by doremi at 2006年12月13日 08:36
先ほど署名はしておきました。
教育基本法改正については、ドサクサに紛れて、ここまでスピードupするのか、と驚いています。
ここまですんなりと進むとは、あちら側(改正推進側)も考えてはいなかったのではないかと思えるほど。
国家統制を進めれば進めるほど、今の時代では、人は海外へ出て行くでしょう。なので自滅への道ですが・・・。
この動きは、止まらないようですね。
個人レベルで行く末をシミュレーションするしかないでしょうね。
Posted by morimori at 2006年12月13日 08:57
お久しぶり!


正直な話「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」のことなんてこっち(大阪)では話題にならない、少なくとも私のまわりでは・・・

でも違うんだ、切実に異議を感じる人がいるんだ。

新聞もニュースも見ます。
でも、同じ日本でもぜんぜん感じ方が違う。
こういう情報こそ大事だと思います。

沖縄の人々の思い、心に染みました。
Posted by つる at 2006年12月13日 10:43
yamasanさん
はじめまして。沖縄の中に限らず、田舎で自然に囲まれた暮らしは、心地いいですよ!都会の生活の魅力も捨てがたい、と思うこともしばしばありますが、お金もかかりますし、田舎の良さを知ってしまった今は戻るのは難しいです。
腹が立ってもどうにもならないことはストレスがたまりますが、それぞれの立場でがんばりましょう!
Posted by じんじん at 2006年12月13日 21:37
ちんぬくさん
>マスコミ報道は意図的に国民の不安や怒りをあおる記事が多い気がします。

おっしゃるとおりだと思います。恐怖をあおるのは政治の常套手段ですから、簡単にはだまされないためにも、常に冷静に情報を咀嚼していきたいものです。
たまに勉強しようと思って情報を取りに、行っても、右側の情報にも左側の情報にもうーん一理ある、と思ってしまう私です。バランスの取れた情報をとろうと心がけつつ自分のスタンスを模索している今日この頃です。
Posted by じんじん at 2006年12月13日 21:44
doremiさんmorimoriさん
わたしもモロにわか勉強ですが、子持ちのみにとって教育はかなり切実な問題に感じられました。
やはり私も、国家統制が反映されている点がいちばん気になります。
それに国家のすぐ下の機関であるところの知事たちがこんな体たらくで、道徳とか説けないでしょう。教育基本法が改正されたから急に政治家の徳があがるわけないし。
Posted by じんじん at 2006年12月13日 21:53
つるさん
ご無沙汰しています!
ちょっとヒアリングしてみたところ、
「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」の避難施設として使うことに同意するかどうかを話し合いのテーブルに載せたのは、ここの管理責任者独自の判断だったらしいです。
学校、公民館、集会所、体育館などを指定する、と大阪の保護計画にも書かれているので、管理責任者の裁量で同意している可能性が大きいと思いますよ。
沖縄では、こういった施設が日本兵に占拠されていたらしいので、なおさら拒否感が強いと思われます。
Posted by じんじん at 2006年12月14日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。