プロフィール
沖縄県大宜味村で陶芸工房を営んでいます。↓蛍窯HPもご覧ください!
ウェブサイトURL:http://www.yamagami-manabu.com/
(移転・リニューアルしました)

2010年11月30日

山上學 おもてなしの土鍋展

12月2日より、沖縄市のプラザハウス1F FlagshipOKINAWAにて開催される展示会のご案内です。

arasakinabeブログ用.jpg

山上學 おもてなしの土鍋展
supported by 料理家・新崎亜子さん(おもてなし料理教室HEARTY PARTY主宰野菜ソムリエ・沖縄食材スペシャリスト、食育指導士)

会場:プラザハウス1F FlagshipOKINAWA内個展スペース

期間:12月2日(木)〜20日(月) 10:00〜20:00

今回は、写真で使われている土鍋を考案し(中味はブイヤベース!)、お料理教室でも使ってくださっている新崎亜子さんに、
テーブルコーディネートと試食会を担当していただきます。
新崎さんは「おもてなし料理教室」を主宰なさっているということで、センス抜群!
コーディネートもお料理もとても楽しみです。

試食会では、島の素材を使ったおもてなし土鍋料理をご紹介する予定です。
ぜひご来場下さい!


<試食会>
新崎亜子氏による島素材を使ったおもてなし土鍋料理
12/10(金)AM11:30〜(なくなり次第終了)

posted by じんじん at 06:06| Comment(0) | 土鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

茶房花水木(浦添市)にて展示会のお知らせ

今日は沖縄も秋晴れ、久しぶりのすがすがしい陽気です。

さて、週明けから始まる沖縄での展示会のお知らせです。


「陶展〜冬支度 食を彩る器」

2008年10月7日(火)〜31日(金)

場所:茶房花水木
営業時間:11:30〜21:00 土曜日11:30〜17:00
定休日:日曜日・月曜日
〒901-2102 沖縄県浦添市前田3-3-8カーサいしはんた2F
098-878-5611





土鍋やプレートなど直火にかけられる定番の器を中心に
季節の愉しみを演出する作品を作りました。
ランチも評判の、素敵な女性オーナーが経営する人気店です。
沖縄の方に耐熱食器の良さを理解していただくきっかけになれば・・・と願っています。


posted by じんじん at 15:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 土鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

於銀座三越『松田美智子の道具展』に・・・

銀座三越にて開催中の『松田美智子の「理ある食卓」〜なべ好きの道具展』で、
螢窯が作った土鍋がアイテムのひとつとして展開されています。
料理研究家の松田さんのご要望にこたえた「オリジナル土鍋」です。

matsuda.jpg

matsuda2.jpg

色は黒オンリーで、取っ手の形を半月形にし、ふたのつまみを低くしてあります。

このつまみの高さは、ふたを裏返して本体にのせたときにぴったり重なることでより収納しやすいように考えられています。うちの定番のままだとここが2〜3センチ浮きます。

鍋だけでなく、鍋まわりの器・道具、お取り寄せ食材などが紹介されているそうです。
土曜日には松田さんのトークショーもあるそうなので、ぜひのぞいてみてくださいね!

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 

『松田美智子の「理ある食卓」〜なべ好きの道具展』
銀座三越 7階リミックススタイル
会期:10月16日(火)〜22日(月)
トークショー:10月20日(土)14:00


posted by じんじん at 18:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 土鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

じんじんの平鍋で簡単お料理

先日の工芸フェアのために、平鍋を使った料理の写真を撮りましたので、いくつかご紹介します。
(写真で使っている鍋は、HPで紹介しているものとは若干異なります)

この平鍋のメリットは、調理してそのまま食卓に出せ、キッチンをすっきり使えること、そのうえ保温性に優れていることです。


スクガラスのパスタ

sukugarasu.jpg

豆乳と玄米のリゾット風

tonyurizotte.jpg

目玉焼き

sunnysideup.jpg

厚揚げとレタスのチーズ焼き

atsuage.jpg

冷蔵庫の材料をテキトーに焼いただけでも、それなりに見栄えがしますでしょ。
posted by じんじん at 14:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 土鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

鷺宮 2day's shopに出店します〜7/7・8

ネットで知り合った、かっこいいエプロンを作っていらっしゃるピナフォーさん

この方が当初から参加していらっしゃるという、年に2回、2日間だけ(計4日)、個人の自宅を開放して運営されているセレクトショップ「2day's shop」に以前から興味津々でした。

鷺宮の、住宅地の真ん中にある個人のおうちで開催されるこのイベント、子連れのママさんを中心にすごい人出があるというのです。
その理由は、おそらく、出店内容にあると思います。ピナフォーさんのエプロンを始め、どれもクオリティが高く、みなそれぞれプロとして活躍している人たちのものばかり。
そして買い手は、小さい子連れだとなかなか楽しくショッピングできないよ〜という人たち。

そもそも、主催者のおおにしさんは、
「おしゃれなお店に雑貨を見に行きたい(買わなくてもいい!!)」
「カフェでおいしい食べ物をゆっくり食べた〜い!!」
というごく普通の子育てママの願望をかなえようと、
「年に2回だけでもいい、素敵な物を集めて自宅をお店にしよう、小さい子どもを連れて行っても、親子ともに気を使わず楽しめるお店をつくろう!」とはじめられたそうです。
そしてそれに賛同した参加者の方たちが「2day's shop」をつくりあげ、今回が13回目となるそうです。

回数を重ねるにつれ、口コミでお客さんも増え、出店者も増え、現在は大人気。

この話を聞くと、お金がなくても、子供がいても、やろうと思えばいろいろできるんだなあ、ととても励みになります。


そんななか、出店しませんか、とピナフォーさんが声をかけてくださいました!うれしい!
本当なら出向いて、ご飯の炊き方などの実践などもしてみたいところですが、主催者のおおにしさんがそのあたりも前向きに考えてくださっているので、今回はお願いすることにしました。
(今回、蛍窯は作品のみの出店で、作品の紹介は主催者の方にお願いしています)。

いつか、土鍋を使った料理教室などもやりたいね、なんていうことも考えてくださっていて、わくわくしています。


以下、イベントの詳細です。


出店内容:
 *「パッチワーク」フェアトレードの生活雑貨青山ウィメンズ・プラザ内店
 *「ジンジャーキャップ」手作り帽子
 *「Ugli」小物
 *「Kamico」トンボ玉
 *「ピナフォー」エプロン
 *「Aloha nalu」ハワイアンジュエリー
などなど。
(詳しくはhttp://twodays.exblog.jp/ で紹介されています)

食品コーナーでは、身体に優しいマクロビオティックのクッキーや
フォカッチャ、フランス人のパテ屋さんから、ピクルス。
北海道共同学者のチーズなどなど。


2階では、元美術の先生の子ども向けワーク。今回は「スクラッチアート」。
また、オリジナルアロマオイル作りもあります。


もう、書ききれない程の手仕事ものが、所狭しと並べられ、
毎回、たくさんの方々が、ゆっくりと遊びに来られるそうです。

ちいさなお子様連れは、2階で子ども達を遊ばせている間、ママは
ゆっくり自分に戻れる時間も提供しているとのこと。


日時:7月7日(金)8日(土)
   10時30分〜5時

ブログ:http://twodays.exblog.jp/

おいでになりたい方は、ご連絡ください。
場所をお知らせいたします。
posted by じんじん at 10:16| Comment(9) | TrackBack(1) | 土鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

うれしいお手紙

ここのところ続けてうれしいお手紙をいただきました。
手前味噌だけど、紹介してしまおう。

<その1>

「擂鉢、素晴らしいものでした。○日夜、N様が我が家まで受けとりにいらっしゃり、それまで私も開けずに待っていました。二人で思わず感嘆の声。よろしく・・・とおっしゃっておいででした」

山芋を擂るから大きいものを、とご注文をいただいていました。
山上にとっても会心の作だったようです。
同じようなものをまたつくれるかどうか、と言っています。
(写真で伝わるかどうか)
ぴたっと相手の方の思いと合ったときは、うれしさもひとしおです。

suribachi.jpg


<その2>
「この土日に鍋をしました。何かが違う?何が違う?土鍋が違う
やはり違うのですね、昆布だしの普通の水炊きですが、
なんとなく暖かく、まろやかな気がします 。
そして最後の雑炊、余熱で全部ができてしまう保温のよさ、すばらしい!!
おいしい雑炊(幸せ)」

HPからよくオーダーして下さるお客様で、いつも感想をお聞かせくださってとてもありがたく思っているのですが、
今回は土鍋をご希望サイズでおつくりしたら、とても喜んで下さいました。
機能面でも満足してくださっているのでうれしいです。

最近とくに、「保温がいい」とおっしゃってくださる方が多いです。
(こちらでも紹介してくださっています
http://kuyanino.exblog.jp/d2005-12-09
http://kuyanino.exblog.jp/d2005-12-10
http://kuyanino.exblog.jp/d2005-12-11

量産品よりも土をたっぷり使っているからかな、と推測います。
posted by じんじん at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 土鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

土鍋のオーダーメイド

土鍋シーズン到来、のようですね。

沖縄へきて2年目の秋ですが、本土の季節の感覚が今ひとつつかめません。
こちらはまだ日中は30度近くまで気温が上昇しますので、
さすがに鍋にはまだ早い。


鍋類のサイズの要望というのは、人によってさまざまです。
たくさん入れたいから深いのがいいとおっしゃる方と、なかみを取り出しにくいから浅いのがいいとおっしゃる方、などなど。

耐熱プレートという作品があります。
plate4.jpg

こちらはフライパンと同じようにじかに火にかけて使え、そのまま食卓に出しても見栄えがする、というもので、HPには載せていないのですが(そのうち載せなきゃ)割と人気があります。
パエリアに使うという方もかなりいらっしゃいます。
夏はアスパラを載せたわ、と盛り付けた写真を見せてくださった方もいらっしゃいました。

こんなシンプルな形ですが、浅いのがいい、深いのがいい、土鍋とプレート両方欲しいから共通のふたを作ってほしい、若干底をすり鉢状に、などなどさまざまなリクエストがあります。

というわけで、螢窯はオーダーメイドを厭いません!
お客様がご希望の寸法で、丁寧に作らせていただきます!
それがよろこびです。
そして非常に勉強になります。

でも、あまり無理難題は押し付けないでくださいね。
あくまでもできる範囲で、ということで・・・。
posted by じんじん at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 土鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

土鍋ごはんと大根葉

昨日まで夏のような日が続いていましたが、今日は雨/曇り模様で肌寒い。久しぶりに五右衛門風呂に入りました。

さて、わがやのごはんはもちろん自家製ごはん鍋で炊いています。ですので、紹介しようと思い立ち、写真を撮ってみましたが、試作品で取っ手に金が入っていないうえ、長く使っているというのは言い訳で使い方が雑なためあちこち欠けていてかっこ悪いので、小さく表示です。(たまにお客様が使ってくださっている土鍋を目にすることがありますが、丁寧に扱ってくださっていて頭が下がります。うちは二人ともよく食器を割ってしまいます。常日頃からものは大切に、という姿勢でいたい、とおもいつつ、割ってもいくらでもあるし・・・という甘えがどこかにあることを改めて反省です)

donabegohan.jpg

お米は、栃木から合鴨農法の有機栽培米を玄米で送ってもらい、それを家庭用精米機で5〜7分づきにして食べています。今日はあわごはん。沖縄では定番の料理です。写真ではあわがわからないですね。

新米に時期に定番のつけあわせが、大根葉の塩もみ。

daikongohan.jpg

池波正太郎の「鬼平料理帳」で知りました。この本は粋な料理が満載されています。本当は完全な白米のほうがきりり、とするのですが、今日は欲張ってしまいました。

ちょうど新米の時期に、「大根の間引き菜」がとれます。これは近所の人にいただいたものを使いました。
いなかにきて、「大根間引き菜」や「にんじん間引き菜」が野菜として認知されることがあると知りました。どちらも大好物!
とにかく、大根葉の菜飯、オツです。色もとてもきれいです。葉っぱを食べるために大根の種をまいてもいいと思うくらいです。(結果的にそうなることもよくあるへっぽこ家庭菜園ティストな私です)
大根葉が手に入ったら、ぜひお試しを!
posted by じんじん at 23:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 土鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

土鍋シーズン到来!

というにはまだ早すぎるかな・・・。
でももう秋。新米のニュースもちらほら聞こえてきています。
土鍋づくりにとっては今まさにシーズン。
実際モノが動き始めるのは、土鍋を「暑い」と感じなくなり、秋の実りの食材が出回り始める9月中旬ごろからでしょうか。
栗、マツタケ、ゆず・・・
つるべ落としのちょっと肌寒い秋の夜、虫の音を聞きながら小鍋をつつく・・・
という食生活からはしばらく遠ざかる沖縄生活。
ついついないものねだりをしてしまいます。

螢窯HPのなかで、土鍋に関する話にリンクを貼っておきます。

土鍋使い方のヒント
http://www.ne.jp/asahi/hotaru/ym/usage.htm

ごはんの温めなおし方とおこげの作り方
http://www.ne.jp/asahi/hotaru/ym/okoge.html

ついでに宣伝。ごはん土鍋
http://www.ne.jp/asahi/hotaru/ym/gohan.html
ほかに、平土鍋、一膳用土鍋、焼酎用燗瓶などあります。
見てね!

さらについでに、大阪ガスのこちらのサイトも。
土鍋のレシピが充実、土鍋コラムもおもしろいです。
http://www.donabegohan.com/
(「土鍋ギャラリー」のところで上記のごはん土鍋が紹介されています)
posted by じんじん at 06:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 土鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。